人工芝は縮むもの?縮まないようにするポイントも紹介

人工芝を敷きたいけど、縮むという噂を聞いて不安に感じていませんか?

せっかくきれいに敷いた人工芝が縮んでしまっては、見栄えも悪いですし、残念な気持ちになりますよね。

そこでこちらの記事では、人工芝が縮む原因や縮まないようにするための対策、そしておすすめの高品質人工芝「エターナルターフ」についてご紹介します。

縮んでしまった人工芝を敷き替えたい方や、これから人工芝の施工を検討している方はぜひチェックしてくださいね。

人工芝は時間が経つと縮むって本当?

人工芝は時間が経つと縮むって本当?

結論から言うと、人工芝は時間が経つと縮むことがあります。ここでは、人工芝が縮む原因を3つご紹介します。

  • 経年劣化で縮むことがある
  • 安価な人工芝は特に縮みやすい
  • DIYで施工すると縮みやすくなる

それでは詳しくみていきましょう。

経年劣化で縮むことがある

経年劣化で縮むことがある

どのようなものもそうですが、人工芝も経年劣化によって少しずつ変化していきます。

とくに、紫外線や雨風にさらされることで、まるで日焼けした肌のように素材が劣化し、縮んでしまうことがあるのです。

夏の強い日差しや凍結と融解の繰り返しは、人工芝にとって過酷な環境。

私たち人間が年齢を重ねるように、人工芝も少しずつ縮んでしまうのは、ある意味仕方のないことかもしれませんね。

安価な人工芝は特に縮みやすい

安価な人工芝は特に縮みやすい

安物買いの銭失いという言葉があるように、価格が低い人工芝は、素材の質が低いことが多く耐久性も劣ります。

「安いものを買ったらすぐに壊れてしまった」なんていう経験はありませんか?

買い替える必要があると、結局トータルコストがかかってしまいますよね。

人工芝でも同じことが言え、紫外線に弱い素材や、熱に弱い素材が使われていることもあり、このような素材は劣化しやすく縮みやすい傾向があります。

DIYで施工すると縮みやすくなる

DIYで施工すると縮みやすくなる

DIYで人工芝を敷く場合、施工方法によっては人工芝がピンと張られず、縮みやすくなってしまうことがあります。

とくに、夏場の暑い時期に施工すると、人工芝が熱で膨張しているので、その後冬に気温が下がると縮んでしまうことも。

これは「熱膨張」といって、温度の変化でモノの長さや体積が膨張する現象です。

ガラスのコップに熱いお湯をそそぐと割れてしまう現象も、この熱膨張が関係しています。

人工芝は、庭などの屋外で使用するため、この熱膨張の影響を受けやすいのです。

最高級のリアル人工芝『Eternal Turf(エターナルターフ)』まずは無料サンプル・お見積り請求

お見積りバナー小
お電話番号小
無料サンプル横長

人工芝が縮まないようにするポイント

人工芝が縮まないようにするポイント

では、人工芝の縮みを防ぎ、美しい状態を長く保つにはどうすればよいのでしょうか。

  • 業者に丁寧に施工してもらう
  • 高品質な人工芝を用意する
  • DIYの場合は少し長めに壁に盛り上げておくのも1つの手

この3つのポイントについて、以下で詳しく解説していきます。

業者に丁寧に施工してもらう

業者に丁寧に施工してもらう

人工芝の施工は、プロの業者に依頼することでよりきれいな仕上がりを実感できます。

専門的な知識と技術を持った業者であれば、熱膨張を理解し人工芝を適切なテンションで張り、縮みを最小限に押さえてくれます。

また、下地の処理なども適切に行なってくれるため、DIYでの施工に比べて縮みにくい人工芝を実現できるでしょう。

高品質な人工芝を用意する

高品質な人工芝を用意する

安価な人工芝よりも、高品質な人工芝を選ぶことがおすすめです。

高品質な人工芝は、耐久性が高く素材の劣化も少ないため、縮みにくいというメリットがあります。

具体的には、紫外線や熱に強い素材が使われている人工芝や、耐用年数が長い人工芝を選ぶとよいでしょう。

DIYの場合は少し長めに壁に盛り上げておくのも1つの手

DIYの場合は少し長めに壁に盛り上げておくのも1つの手

DIYで人工芝を施工する場合は、少し長めにカットし、壁に盛り上げておくという方法もあります。

こうすることで、人工芝が縮んだとしても、見た目に影響が出にくくなります。

また、下地を平らにならすことも大切です。地面に凸凹があると、そこから人工芝が剥がれたり、縮む原因になったりするため、下地準備は丁寧に行いましょう。

縮みにくい高品質人工芝「エターナルターフ」

商品ロール

縮みにくい高品質な人工芝をお探しの方は、ぜひ「エターナルターフ」をご検討ください。

エターナルターフ」は厳選された素材を使用し、高度な技術で製造されているため、まるで天然芝のような美しい状態を長期間にわたって保つことが可能です。

耐UV性は、なんと10年以上。紫外線に強い特殊な素材を使用しており、長年の使用でも色褪せや劣化がしにくいという特徴があります。

また、高い排水性と通気性を備えているため、水はけが悪くカビが発生するという人工芝のデメリットも解消してくれる優れものです。

最高級のリアル人工芝『Eternal Turf(エターナルターフ)』まずは無料サンプル・お見積り請求

お見積りバナー小
お電話番号小
無料サンプル横長

人工芝が縮むことのまとめ

こちらの記事では、人工芝が縮む原因や対策について詳しく解説しました。

人工芝は、経年劣化や施工方法によっては縮んでしまうことがあります。しかし、高品質な人工芝を選び、プロの業者に施工を依頼することで、縮みを最小限に抑えることが可能です。

「人工芝を敷きたいけど、縮むのが心配…」という方は、ぜひ縮みにくい高品質人工芝「エターナルターフ」をご検討ください。

エターナルターフ」はお庭をさらに美しく彩ってくれるはずです。サンプルお見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

監修<br>人工芝ドットコム店長<br><a href="https://jinkou-shiba.com/staff#takao">髙尾佳伸</a>
監修
人工芝ドットコム店長
髙尾佳伸

人工芝が縮む原因や対策についての記事はいかがだったでしょうか。

せっかく庭を人工芝で素敵に仕上げたのに、縮んでしまっては困りますよね。

縮みにくい高品質人工芝を施工したい方は、ぜひ「エターナルターフ」をチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました